業務用エアコンと家庭用エアコンの違い

暑い夏の必需品であるエアコンは、お店を営業するためには、夏だけでなく必要に応じて季節問わず快適な温度を保たなくてはなりません。飲食店やスーパー、美容院など、人の出入りが多い店舗では、業務用のエアコンの設置が好ましいです。家庭用のエアコンとは違い、広い空間を長時間冷やし、快適な温度に保つためには、連続の使用に耐えられ、耐久性のあるエアコンである必要があるため、家庭用エアコンでは難しい場合があります。業務用エアコンには、天井埋め込み形、天井吊し形、壁掛け形、床置き形などがあり、広さ高さ用途に合わせ選ぶことができ、家庭用エアコンとは違う能力の違いがあります。小さい店舗などには、家庭用エアコン数台の方が、電気代が安くていいこともありますが、最近では省エネの業務用エアコンもありますので、店舗の広さや用途に合わせ、設置を検討するのもいいと思います。

業務用エアコンの導入

一般的に、事業所などに導入される家電は当然業務用の物であるという考えが定着してると思いますが、一部では、コスト削減などを目的として、一般家庭用と導入する所もあります。これは、導入コストが安くなるというメリットがあるのですが、導入のコストだけを考え導入した結果、結局使用環境に耐えられずすぐ壊れるという事例がよくあります。特に、一日中毎日長時間作動させたままになるエアコンは、一般家庭用ではなく業務用エアコンを導入する事を強くおすすめします。一般家庭用では、業務用程の耐久性を備えてないですし、無理な運転は、かえって電気代を高くしたり、最悪の場合、出火などの原因となる可能性もあります。長く安全に使いたいというのは、全ての事業者が考える事だと思いますが、その願いを叶えるには業務用の製品を選んだ方が良いでしょう。

業務用エアコンについて。

業務用エアコンを購入する際は、まず購入資金は会社の経費での購入がほとんどだと思います。メーカーを重視するのか、冷え方を重視するのか、値段を重視するのかによって選び方も違ってくることでしょう。また、会社の事務所に設置し、従業員用として使用するのか、お客様がいらっしゃる場所に設置するのかでも選び方の基準が変わってくるでしょう。家庭用エアコンも業務用も、デザインにはそれほど大きな違いは、ないように思えます。経費削減のために値段を考慮し、電気代も省エネ設計になっている物を選ぶことも賢い選択方法ですが、使用する場所が、常にお客様がいらっしゃる場所の場合は、エアコン運転中の音が静かな物を選ぶのもいいと思います。またそういった場所に設置する場合には、こまめな掃除も必要になってきますので、お手入れがしやすい機種を選ぶことも大切です。